現状を改善する

家族と家

土地が開発されることによって、不動産の価値も上昇しています。狭山市の土地もその価値が高くなっています。地方などの地域でも開発を行うことで、地域活性化が図れると期待されています。

Read More »

不動産の取引は、専門知識をもつ人が隣にいると心強いですよね。不動産売却を福岡でするなら、三和アセットパートナーズにご連絡ください。

利用するメリット

窓の広いリビング

新しく新天地で生活を始めるときには、自分の住む住宅を探さなければなりません。その為、多くの人がすぐに住み始められるマンスリー賃貸マンションを利用しています。東京にはこのような物件が多くあります。

Read More »

情報の集め方

白い一戸建てと木

デザイナーズマンションは人気の物件です。中でも、クレグラン天満は賃貸のデザイナーズマンションとして人気です。立地している場所も、交通の便が良いところなので多くのメリットが得られます。

Read More »

需要と供給

フローリングの部屋

不動産を売る時ににはこちらの業者に相談するのが一番です!どこよりも高く売れるようにサポートしてくれますよ。

土地の価格は、需要と供給によって決まってきます。 例えば、その土地を欲しがっている人が少なければ、価格は下がります。反対に欲しがっている人が多ければ、その価格は上昇していきます。 バブルの頃は土地の値段がどんどん上がると信じられていましたので、投資家たちは揃いも揃って都心部の土地を購入しました。土地を購入して次の日に売却してもそれなりに収入を得ることができたためです。 ただ、冷静に考えれば考えるほどこのような異常な状態が長く続くわけではありませんでした。 やがて土地のバブルは崩壊し、それによって今まで購入してきた土地の価格が一気に減少していきました。 厄介なのは、土地の価格が下がるとわかっていてわざわざ購入する人が少ないと言うことです、

当然、購入する人が少なくなると、その価格が下がってきます。これにより、10年近くかけてバブルの頃の3分の1程度までしかが下がってしまったと言う問題がありました。 ただ、2000年代に入ってから、アメリカの投資ファンドが日本の土地を買い始めました。 その理由は、地価が下がったことだけでなく、金利が限りなくゼロに近かったからです。 そうなると、再び都市部の地価が上がるのではないかと予想されましたが、アメリカのサブプライムローン問題によりリーマンショック問題が起こったため、アメリカの投資ファンド会社は撤退してしまったのです。 それ以降、地価が大きく上昇する事は今までのところ特にありません。 ただ、東京オリンピック開催を控えて沿岸部の土地は上昇していると言われています。

戸建てを購入する

黄色い家の模型と手

大阪市には多くの戸建て住宅があります。新築分譲住宅などもあり、すぐに完売になるほど人気です。しかし、費用を抑えられる中古戸建てが注目されたことで中古の物件を買う人も増えています。

この記事の続きを読む

依頼する

一戸建てと空と風車

不動産売却をしたいけど、どの業者が良いのか分からず困っている人は多いでしょう。福岡にも業者はたくさんいます。良い業者を見分ける為のポイントが3つあるので、紹介していきます。

この記事の続きを読む