戸建てを購入する

黄色い家の模型と手

庭付き戸建て住宅を取得する事は男子一生の仕事と言われるように金額的には大変な負担に成るものです。 今でこそ住宅も多様化して交通の便を考えて都心で一戸建てとも成るととても一般給与所得者では無理でしょう。都心を諦めて都下や東京隣接県で予算を設定後購入を考える事になります。 そこで考えるのが便利さを取るか住環境を優先するかです。便利さを取ると予算内では狭い土地で庭付きは望めません。住環境重視するなら駅からの距離を我慢しなければなりません。 次に考慮するのは新築一戸建てか中古一戸建てか注文建築か建て売りかを選択することになります。戸建てを購入は悩ましい問題が山済みです。無理のない返済を考えると希望はどんどん狭まります

最近一戸建てを諦めてマンション購入者希望者が増えています。新築分譲マンションは売り出し即完売状態です。 しかしその傾向にも陰りが見えてきました。材料費の高騰と人手不足が深刻になり新築分譲マンションの建築に歯止めがかかっています。 そこで見直され始めたのが中古戸建てです。近年住宅の空家率が七戸に一戸となり各地で空家トラブルも増加気味で音を上げた自治体は固定資産税の見直しを始めました。これが中古一戸建てを購入のチャンスかも知れません。 空家所有者の固定資産税が現行では六分の一と成っていますがその優遇が取れれば一挙に市場に中古一戸建て住宅が出てくる可能性が有るからです。住宅購入はもう少し様子を見る事がベターでしょう。